主は言われた 2016

 平成28年1月21日、主は言われた。
「耳の聞こえない人たちよ、あなたたちは聞け。
 目の見えない人たちよ、あなたたちは見るために見つめよ。

 彼は言った。
 『お前を遣わす目的、お前に命じることを、誰にも気づかれるな』と。」



 平成28年1月25日、主は言われた。
「祭司は贖罪の献げ物と感謝の献げ物をわたしの前に携えてきた。大祭司は贖罪の儀礼を執行し、その献げ物をわたしに献げた。」



 平成28年4月24日、過越祭を終えて除酵祭の第1日に祭司シムラトが主の聖所に祭礼をするために訪れた。
 主は言われた。
「見よ、私は1つのことを行う。その日わたしは、エリエナイに告げたことをすべて、初めから終わりまで行う」



 平成28年4月25日、主は言われた。
「シムラトの行った背きは思い起こされることなく、行った義のゆえに生きる。」



 平成28年5月25日、主は言われた。
「エリコを再建しようとする者は、主の呪いを受ける。基礎を据えたときに長子を失う。」



 平成28年10月27日、主はハナンエルに言われた。
「私はラハブを砕き、腕の力をふるって敵を散らした。天はわたしのもの。地もわたしのもの。自ら世界とそこに満ちるものの基を置き、北と南を創造した。
 山々はわが名を喜び歌う。わたしは力をふるい、右の手を高く上げる。正しい裁きはわが座の基。慈しみとまことはわが前に進む。」