「終わりの日」の秘儀


 聖書に預言されている「終わりの日」とは、人類の終わりの日のことでもなければ、地球の終わりの日のことでもない。しかし、世間一般でも、宗教界全般でも、そのように解釈され、世間を騒がせてきた。聖書に預言されている「終わりの日」は、「世」の終りの日のことである。終わるのは「世」であって、人類でも地球でもない。
 では、「世」とはいったい何か。「世」とは人間が形成している「世間」のこと、あるいは「世界」のことである。もし地球に人間が存在していなければ、「世」は存在しない。
 「世」を作っているのは、人間である。さらに正確に言うと、神によって創造された神の子だった人類の祖先アダムとエバの子孫であるが、神に背いてサタンに従ったエバとアダムの子孫たる人間が作っているのが「世」である。それゆえ、「世」は善と悪がさまざまな思惑によって交差し合いながら形成されている。
 エバは神に背いてサタンに従って堕落し、アダムは堕落したエバに従って、堕落した。ゆえに、その子孫である人類は、サタンの支配下にあり、「世」はサタンの支配下にある。

 人間は本来は神の子なので、善を希求し、悪を嘆く。戦争を嘆き、世のあらゆる不幸を嘆く。そして、戦争やあらゆる不幸を「世」から無くしたいと希求している。ところが、そのように善を希求している人間こそが、戦争を起こし、あらゆる不幸を生み出して、自らそれに苦しめられているのである。しかも、自己や家族や自国の不幸を退けて幸福を追及する人間が、そのための手段として戦争を起こし、あらゆる不幸を生ぜしめているのである。そればかりか、人間のせいで、何の罪もない生きとし生ける生物たちが苦しんでいる。神が人間に、支配せよと託されたすべての生物は、堕落した人間に苦しめられてきた。

 つまり、人間が無くならないかぎり戦争もあらゆる不幸も無くならないし、あらゆる生物たちも人間から与えられる苦しみから逃れられないのである。人間が無くなる他に道があるとするならば、人間は変わらなければならない。
 答えは明白だ。サタンに支配されている人間が、サタンを超えて神の子たる本来の人間に生まれ変わらなければ、不幸の連鎖が終わることはない。
 「世の終わりの日」とは、サタンに支配されている人間が形成している「世」が終わる日ということである。

 では、どのようにして「世」は終わるのか。キリスト教では、「世」が終わるときには、イエス・キリストの十字架の恩恵によってクリスチャンだけが救済されて、クリスチャン以外の人間は滅亡すると考える。
 しかし、イエス・キリストの十字架の恩恵によって罪が贖われるということだけでは、人間がサタンを超えたことにはならない。それでは聖書に記されているアダムとエバの子孫たち、イエス・キリストにつながる血統に連なる人物たちが、罪と闘い、悪と戦い、サタンと闘ってきて、イエス・キリスト誕生までの道のりを築いてきた歴史は、意味をなさないことになる。
 イエス・キリストは、罪・悪・サタンとの闘いと勝利を積み重ねてきた先祖たちの血統のもとに生まれてきた。そのことを抜きにして聖書を語ることはできない。イエス・キリストは、「世」の間違いを正し、律法の正しい解釈を教えて命を吹き込み、ご自身が選んだ弟子たちをはじめとして、人類が罪・悪・サタンと闘って勝利するすべを教えるために来られた。そして、そのことによってイエス・キリストは十字架につけられた。イエス・キリストに贖われるのは、イエス・キリストの教えに従って罪・悪・サタンに勝利する者だけである。このことは12弟子たちの教えの中にも、「ヨハネ黙示録」にも、はっきりと記されている。
 しかしながら、サタンの子として生まれてきている人間が、自力だけで罪・悪・サタンに勝利することは不可能である。そしてまた、イエス・キリストの他力だけでも不可能である。罪・悪・サタンと闘って勝利しない者を、イエス・キリストが救うことはない。なぜなら人間は本来、神の子であって、罪・悪・サタンと闘って勝利できる者なのであり、罪・悪・サタンと闘って勝利しない者は、神に背いて罪・悪・サタンに従う者だからである。
 ところが、この明快な事実を、誰かが巧妙にゆがめてしまった。誰がゆがめたか。パウロである。教会の教父たちである。ルターである。彼らは、どうしてそれを歪めたか。自身が自身の罪・悪・サタンに勝利できず、それを正当化しようとしたからである。こうして彼らは、まんまとサタンの手に堕ちた。そして彼らは、キリスト教をサタンの巣窟にした。

 パウロのゆがみは、パウロ自身の言葉が証明している。
「わたしたちは、律法が霊的なものであると知っています。しかし、わたしは肉の人であり、罪に売り渡されています。わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです。もし、望まないことを行っているとすれば、律法を善いものとして認めているわけになります。そして、そういうことを行っているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意思はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。それで、善をなそうと思う自分には、いつも悪が付きまとっているという法則に気付きます。『内なる人』としては神の律法を喜んでいますが、わたしの五体にはもう一つの法則があって心の法則と戦い、わたしを、五体の内にある罪の法則のとりこにしているのが分かります。わたしはなんと惨めな人間なのでしょう。」(ローマの信徒への手紙7・12〜24)

 これを読んで、この言葉に共感し、パウロに共感し、この言葉の中に隠された「まやかし」に気付かない人は、罪にも悪にもサタンにも勝利することはできないだろう。イエス・キリストによって贖われることもできない。

 パウロは自分の心を律法に従う善なるものとし、自分の体を罪に支配されている悪なるものとして、それを人間の宿命として仕方がないものとして許容してしまっている。これはイエス・キリストの教えと真っ向から対立する、サタンの「まやかし」である。なぜならイエス・キリストは、こう言っている。

「人から出て来るものこそ、人を汚す。中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。みだらな行い、盗み、殺意、姦淫、貪欲、悪意、詐欺、好色、ねたみ、悪口、傲慢、無分別など、これらの悪はみな中から出て来て、人を汚すのである。」(マルコ7・20〜22、マタイ15・18〜20)


 本当は人間の肉そのものには、善も悪もない。イエス・キリストの教えは、パウロと逆なのである。肉は、それ自体で勝手に善を行ったり悪を行ったりしない。人間の心が、その肉に善や悪を行わせるのである。自分の肉に勝てない者が、どうしてサタンに勝つことができようか。罪に、悪に勝てない者が、どうしてイエス・キリストに贖われようか。
 人間の心は、肉に勝てない弱いものだと開き直ってしまうことは、人間を単なる肉の塊にすぎない存在に落としめる論理で、それはサタンの狙いどおりにほかならない。人間が肉に従って悪を止められないなら、人間は動物以下の存在だということになる。神は人間を、すべての生けるものを支配する者として創造した。しかしパウロはそれを否定して、人間は罪なる肉に従い、肉にあらがうことができない存在へと落としめた。そのような肉欲のままに生きる動物以下の存在が、イエス・キリストによって贖われる道理は、ない。それではキリスト教徒は、ソドム・ゴモラの住人と何ら変わらない。それは滅びるべき存在である。そのような人間は滅びなければ、動物や自然も大迷惑をこうむる。
 パウロは自分の心は善だとして正当化し、悪いのは肉だと責任を転化して、悪を正当化している。それは、サタンの言い分である。パウロの肉が罪を行うのは、パウロの心が肉にそれを行わせているのにほかならない。肉が勝手に罪を行うことはない。ゆえにパウロは、肉も心もサタンに従っているのである。そして、どうしようもない自分の救いをイエス・キリストの十字架に求めている。これは福音書に登場する悪霊が、自分の悪をそのままにしておきながらイエス・キリストに対して「何者であるか知っている」と告白しているのとまったく同じである。
 こうして、パウロに従うキリスト教会は悪霊の巣窟となり、クリスチャンは悪霊に支配されている。パウロの「まやかし」を受け入れるならば、洗礼さえ意味をなさない。なぜなら、肉を水で浸しても清まる道理はなく、肉はいつまでたっても罪に支配されたままだからである。パウロ自身が、そうなのだから。
 では、心は清めることができるのか。清めることができる。そうでなければ贖いは成立しない。ただし、それができるのは主のみである。主が清めてくださらなければ、人間の心は清まらない。そして、心を清めようとしない人間を、主が清めてくださることはない。教会の教義や洗礼で、罪や心が清まるのではない。心が清まらないならば、教会に意味はなく、教会に通ってはいても実はクリスチャンですら、ない。

 ヤコブ書(ヤコブの手紙)は、世の友となることは神の敵になることだと教えている。しかし、パウロと彼に従うクリスチャンは世を愛し、ローマ帝国と一体になり、世の権力を手にする道を選んだ。それは神の敵となったということである。
 主イエスは、サタンが自分にひれ伏して拝むなら全世界を与えると言っても、それを拒否し、神のみに仕えた。しかし教会はローマ皇帝と偶像を伏し拝んで「世」の権力を得た。そして、それを「信仰の勝利」だとして正当化し、得た権力で世にパウロの教えを広め、それに反対する聖徒らを殺戮し、滅ぼしていった。
 だが神は、教会が世の権力で真の聖徒らをどれほど殲滅しようとも、預言者を起こして真実を明らかにされる。聖書に記されている歴史の事実が、それを証明している。世はいつでも真の聖徒らを殲滅しようとし、神はいつでも預言者を遣わして真実を明らかにしてきた。
 サタンとキリスト教会が支配する「世」は、間もなく終わりの日を迎える。神が、神に従う人たちを救うために。そして、この「終わりの日」の神の救いは、永遠に至る。神に従い、主イエスに従い、心も体も神の律法に従っている正しいキリスト者は皆、救われる。正しいキリスト者は、真の「主の民」として教会から離れ去り、教会の罪に巻き込まれないようにしなければならない。聖書にこう書かれているからである。

「わたしの民よ、彼女から離れ去れ。その罪に加わったり、その災いに巻き込まれたりしないようにせよ。彼女の罪は積み重なって天にまで届き、神はその不義を覚えておられるからである。彼女がしたとおりに、彼女に仕返しせよ、彼女の仕業に応じ、倍にして返せ。彼女が注いだ杯(さかずき)に、その倍も注いでやれ。彼女がおごり高ぶって、ぜいたくに暮らしていたのと、同じだけの苦しみと悲しみを、彼女に与えよ。彼女は心の中でこう言っているからである。『わたしは、女王の座に着いており、やもめなどではない。決して悲しい目に遭いはしない。』 それゆえ、1日のうちに、さまざまな災いが、死と悲しみと飢えとが彼女を襲う。また、彼女は火で焼かれる。彼女を裁く神は、力ある王だからである。」(ヨハネの黙示録18・4〜8)

 神が預言者エレミヤを通して告げたように、聖書は完全な啓示の書などではなく偽りも記載されている。ペテロやヤコブやヨハネが書いているように、教会にも初期から偽教師の偽りの教えが入り込み、偽りの教えが新約聖書にも編纂されている。その偽りを見抜くことができない、目覚めていない教会によっては、贖われることも救われることもない。むしろ罪に加わることになる。
 偽りの教会ではなく、主イエス自ら明らかにされている「律法と預言者(預言書)」(ヤコブは「自由な律法」と呼んでいる)によって贖われなければ、救われる者はいない。偽りの教会を離れ去り、主イエスに従うならば、主イエス自らが贖ってくださる。その機会を逃してはならない。「終わりの日」は近づいているからである。ただし洗礼者ヨハネが主イエスを神の子と証ししながらも、自分自身は主イエスに従うことができなかったように(洗礼者ヨハネが主イエスに従っていれば、洗礼者ヨハネの弟子や信徒やイスラエルの民は主イエスに従っていただろう)、教会の指導者は真実を知っても、自分の立場や名声を捨てて真実に従うことは難しい。しかし、それをなしたならば、自身のみならず自身の教会の信徒たちも神の栄光の列に加わるであろう。そのこともヨハネの黙示録には記されている。記されていることは、必ず成就する。

 人間は、神に背いてサタンに従うがゆえに全世界を苦悩で埋め尽くしている。そして自分たちが作っている「世」に苦しめられている。神は、わが子である人間を愛するがゆえに、その「世」を終わらせる。今日、現在に至るまで全世界を苦悩で埋め尽くしたのは、神に背いてサタンに従った人間たち自身がそれを選択してきて、このような「世」を作ったのである。

 「終わりの日」は、神が永遠の愛を打ち立て、創造の本来の世界を実現させる、「はじめ(アルファ)であり、おわり(オメガ)」である。

 こうして、ここに、神の奥義が、成就する。